注目を集めている新型うつ病【特徴を知れば接し方が見える】

接し方に注意

悩む人

新型うつ病患者との接し方が難しい

一般的なうつ病と異なる新型うつ病は、接し方が難しいと思われがちです。なぜなら、気分反応性という特徴的な症状があるからです。この症状は、傍から見るとただの甘えや仮病のふりをしていると否定的に見られてしまいます。それで、うっかり強めに接してしまい、かえって症状を悪化させてしまいます。そんな負のスパイラルから脱却するためにも、新型うつ病患者との正しい接し方を把握しておくのが望ましいです。

甘えと指摘するのは禁物

仕事だと気分がローに、プライベートはハイテンションになる新型の典型的な症状を見ても、断罪するのは絶対に避けていただきたいです。患者本人も、決して甘えているわけではないからです。断罪すると、余計にショックを受けてしまい、人間不信に陥ってしまう可能性が高まります。この時は、早く回復してほしいと思って接するのが望ましいです。

時には厳しく接するのも大切

うつ病だと、極力精神的に負荷を与えないのが基本的な接し方ですが、新型うつ病の場合は逆です。適度なプレッシャーを与えながら接すれば、相手への依存を徐々に解消しやすくなります。ただ、適度なプレッシャーは、どれくらい与えていけばいいのか患者によって異なります。最初は、どれほどの度合いで接するかを専門医に相談して決めると良いです。

冷静に対処すべき場面もある

新型うつ病患者と接する際、極力冷静に対処すべきところが、拒絶敏感性の症状が現れたときです。他人からどう見られているかを、過度に気にする新型の患者が抱く特有の心情。冗談で発した言葉が、患者は馬鹿にされたり拒絶されたりと誤解してしまいます。特に、患者にとって身近な存在の人ほど、この症状が現れたときに気をつけるべきです。近しい人から拒絶された、馬鹿にされたと思ってしまうほど症状が悪化してしまいます。この症状が現れてしまった場合、感情的にならずに淡々と悪気はなかったと患者に伝えて様子を見るのが得策。もし、患者が納得しなかったら、極力深追いせずに見守るか専門医に相談してみると良いです。

生活リズムを保たせるのも忘れずに

生活リズムが乱れやすいのが、新型うつ病患者の傾向。なるべく、規則正しい生活リズムに整えさせることが重要です。生活リズムが乱れたままだと、症状が改善しにくいばかりか、かえって症状を悪化させてしまう危険性があります。しかし、患者は専門医から生活改善のアドバイスを受けても、中々実践しようとしません。患者の生活を改善するには、家族などの一緒に生活をしている人の協力が欠かせないのです。周囲の助けがあってこそ、症状が改善の兆しが見えてくる可能性が高まるので、できる限りの範囲で生活サポートをしてみると良いです。